2013年05月24日

はぐくむイエ-grass hat-



敷地が傾斜地であるという特徴を活かし、床高の異なる棟を
立体的につないだ高低差のある平屋住宅です。
居室はすべて東向きに配置し、立体にすることで
光と風を全体に取り入れることができました。

リビングのある上棟と寝室のある下棟は、吹抜けのある階段で
緩やかにつながっていて、どこにいても家族の気配が感じられます。
また、天井高さや床高さをきちっと押えていてメリハリのついた、
とても気持ちのいい空間に仕上がりました。

リビングから小上がりを出ると下棟の屋根緑化とウッドデッキになっていて、
子供たちと楽しく遊ぶ屋上庭園。さらにハシゴで上へ上へと登っていくと、
大阪から神戸まで一望できる素晴らしい景観で
高原に座っているような居心地です。

この住宅にいて 「おおらかで気持ちのいい」 を感じてもらえると幸いです。



















写真:平野和司 (一枚だけ若井義治)

建築概要
 建築所在地:兵庫県宝塚市
 建築用途:個人住宅
 家族構成:ご夫婦+幼児2人
 構造規模:木造2階建
 敷地面積:210㎡
 建築面積:91㎡
 延床面積:98㎡

平成25年10月